現役心療内科医が主宰する総合進学塾【長井ゼミ】私立・公立・国立難関中学・高校・大学・医学部現役合格を目指す受験専門予備校

国公立医系学部クラスでは、難関・中堅国公立大医系学部に対応したカリキュラムとサポートで、着実に合格を目指します。

国公立医系学部クラス

学習カウンセリングで適切なアドバイス。学力別&志望校別クラス編成で塾内の緊張感を維持。 参加型授業=長井スタイルを実践。 弱点を放置しない、「できる」までとことん指導。 常に緊張感と競争意欲を維持させる学習環境。

1"解答"をマスターさせるのではなく、"解法"を伝授する。

医系学舎 広島では、長井ゼミが長年にわたって積み上げてきた受験のノウハウを、教材にすべて注ぎ込んでいます。医系学部受験は、単なる詰め込み式の知識のみが問われるのではなく、各教科・各単元の本質を理解した上で解答させていく問題で構成されています。そのため、単なる入試問題の羅列では通用せず、理論を理解させるようなテキストが求められます。言い換えると、"解答"をマスターさせるのではなく、"解法"を伝授することが必要なのです。一度テキストをご覧いただければ、他の塾、予備校との違いがご理解いただけると自負しております。

"解答"をマスターさせるのではなく、"解法"を伝授する。

2「わかる」と「できる」は違う「やりっぱなし」にはしません!

いつでも解答できる力があるということは、つまり答案作成能力がきちんと身についているということです。答案作成能力を磨くには、答案を作成する習慣をつけることです。毎朝の「基礎力確認テスト」や、教科毎に実施する「単元まとめテスト」を通して、医系学部受験に必須の能力を練成します。また、テスト毎に成績によるクラス変動があり、緊張感を維持した状態で一年間を過ごせます。

3生徒1人ひとりに応じた次のステップを提案

医系学舎では、全国模試の結果を即座にカウンセリングに反映します。一般的に、生徒は模試結果から自己判断でクラスを変更したり学習目標を修正します。その際、必要以上に模試結果に振り回されることも少なくありません。そこで、私たちのカウンセリングでは、生徒一人ひとりの学習の定着状況・進捗状況に応じて、次のステップ(軌道修正)を、日頃直接指導している講師がカウンセリング担当となって提案します。

生徒1人ひとりに応じた次のステップを提案

4弱点を放置しない「できる」までとことん指導

個別指導により弱点を放置しない、できるまでとことん指導し、苦手な科目・単元を克服させていくとともに、個別指導担当教師は生徒に問題を解かせ、その上で解答に至る過程までを細かくチェックして矯正します。

弱点を放置しない「できる」までとことん指導

5常に緊張感と競争意欲を維持させる学習環境

同じ目標を持ち、同じ学力レベルであるライバルは、時には勉強のアドバイスを与え合い、時には動機付けや目標となり得る存在です。医系学舎広島では、高い目標を持ったハイレベルな生徒を厳選してクラス編成します。授業は「参加型授業」を導入し生徒の緊張感を持続させるとともに、定期的に実施する「基礎学力テスト」「単元まとめテスト」の結果を掲示してライバルを意識させ、目標を常に与え続けていきます。

講座案内・学費案内はこちら

メールフォームからのお問い合わせ・資料請求 ページの先頭へ戻る